タラバガニとは?人気のシーフードについて解説します

カニは日本を含む多くの国で有名であり、広く食されている。カニには多くの種類があるが、日本ではタラバガニが「カニの王様」として君臨している。

豊かな食の歴史を持つ魚介類は、新鮮で上質な食材を使った日本料理の定番となっている。そのため、タラバガニが日本人に愛されていることがよくわかる。タラバガニが特に有名なのは北海道である。タラバガニが特に有名なのは、寒冷な海に囲まれた北海道である。

さらに、タラバガニは高級食材としても扱われ、高級料亭や懐石料理にも登場する。WBC オッズ争奪戦のように、タラバガニを食べると、そのおいしさと栄養価の高さに、わくわくするのである。

タラバガニの人気

タラバガニはヤドカリの仲間。日本の海にも生息しているが、ロシアやカナダ、アラスカに比べると数が少ないため、高値で取引されている。4月から6月、11月から2月の収穫期には、主に北海道最北端の稚内漁港で漁獲される。

タラバガニは体長が1メートル以上にもなる大型のカニである。収穫時はくすんだ褐色をしているが、加熱すると鮮やかな赤色になる。身はぎっしり詰まっているが、味は淡白。太い脚には噛みごたえのある身が詰まっており、食べ応えがある。そのため、大量に肉を食べたい人におすすめだ。タラバガニは焼きガニや茹でガニにされることが多い。

他の人気カニ種との違い

日本ではタラバガニ以外にも、ズワイガニや毛ガニなど人気のカニがある。ズワイガニは冬の定番の食べ物と言われている。タラバガニよりも小ぶりで、主に11月から3月にかけて水深200m以上の場所で収穫される。

濃厚で甘く、風味豊かな身が人気の理由だ。身を食べた後は、カニの内臓も濃厚な味わいなので、煮物などに利用するのがおすすめだ。ズワイガニは産地によって呼び名が違う。例えば、オスは京都では松葉ガニと呼ばれるが、福井では越前ガニと呼ばれる。

一方、毛ガニは平均的な大きさで400グラムから600グラム程度、大きいものでは700グラムから900グラム程度。一年中楽しめ、北海道や東北地方で収穫される。

味もよく、値段も手ごろなので、このカニも多くの人に知られるようになった。足が短いにもかかわらず、内臓や身が充実している。また、むき身は出汁をとることができる。

タラバガニの健康効果

タラバガニを食べることによる健康効果を紹介しよう。

心臓の健康強化と抗炎症作用

サーモン同様、タラバガニにもオメガ3脂肪酸が豊富に含まれており、コレステロール値を下げることで心臓の健康を増進することができる。さらに、オメガ3脂肪酸には様々な健康効果もある。

高い栄養価

タラバガニは、タンパク質、ビタミンB12、セレンを豊富に含んでいる。これらの栄養素は、脳機能の維持だけでなく、丈夫な骨や免疫システムの維持にも欠かせない。

健康な肌を作る

タラバガニには亜鉛が多く含まれており、炎症を抑え、コラーゲンの生成を促進することで、より健康的な肌を作ることができる。コラーゲンは肌の強さと弾力を保つことで知られている。

おすすめ料理

タラバガニを食べる際におすすめの料理をご紹介します。

カニしゃぶ

カニを単独で、または野菜と一緒に茹で、色が変わってから取り出す。出汁を取った後に酢や醤油につけて食べるのがおすすめ。

ゆでガニ

シンプルな調理法だが、加える塩の量や茹で時間によって、身の味わいがガラリと変わる。塩味の効いた「かにす」につけて食べることが多く、かにのうま味が引き立つ。

焼きガニ

カニの切り身を炭火で焼いた料理。焼くことで内臓が溶け出し、カニのうま味がさらに深まる。レモンやすだちと一緒に食べると、甘みが引き立つ。