人気のシーフード料理としてのフグを理解する

日本は島国であり、魚介類を主な食材とする料理の歴史は長い。日本の海岸線は北から南まで伸びているため、地域によってさまざまな魚介類が手に入る。

中でも珍しいのがフグだ。猛毒を持つ魚なので、資格を持った料理人がいる専門の日本料理店でしか食べられない。フグを安全に調理できるようになるには、何年も勉強や修行をしなければならない。

フグは、プライベートジェットやロレックスの時計、オンラインバカラゲーム「Salon Prive Baccarat」のような高級品として認識されている。独特の食感が特徴で、煮付け、フライ、生など様々な料理に使われる。

日本のフグ食文化

世界には350種類以上のフグが生息しているが、日本には約35種類のフグが生息している。そのほとんどが猛毒を持つ。その毒はテトロドトキシンと呼ばれ、青酸カリの1,000倍の致死量を持つ。魚の種類によって、毒素は魚の皮膚、卵巣、精巣、肝臓に存在する可能性がある。

そのため、日本政府はフグ取扱業者の養成制度を定めている。フグ料理を安全に食べてもらうためには、資格を持ったフグ取扱者だけがフグ料理を提供できることが重要なのだ。

フグを調理する際には、毒を含む部位を切り落とし、身をよく洗って血合いを取り除く。一般的に、可食部よりも廃棄される部位の方が多いため、身を切り分けるのに時間と手間がかかる。

毒のある部位を取り除いた後は、施錠可能な特定の保存容器に保管し、後で焼却または廃棄することが法律で義務付けられている。

美味しい味と健康効果

日本では約22種類のフグが食されている。他の魚に比べてフグは美味しい。また、低カロリーで高タンパク、ビタミンやミネラルなど多くの栄養素を含んでいるため、健康増進にもつながります。

フグの皮には多くのコラーゲンが含まれているため、フグは肌のキメを整え、健康全般を改善するのに優れた魚介類である。身は繊維質が多いのが最大の特徴で、噛むとしっかりとした弾力のある食感が味わえる。また、うま味成分が多いため、甘みがある。

一方、フグはビタミンB12やビタミンDの宝庫であり、これらの栄養素はアルコールやその他の危険物質によるダメージから肝臓の健康を維持するのに役立つ。また、フグには免疫力を強化し、疲労回復や二日酔いに効くアミノ酸も豊富に含まれている。

人気の料理

日本でフグを食べるときに人気の料理を紹介しよう。

てっさ 

フグの刺身は最も一般的な食べ方のひとつ。他の魚の刺身よりも薄く身をスライスして調理されることが多い。その薄切りは、菊の花を模して円形に注意深く並べられる。

有名なフグ料理店では、刺身の下に皿の模様が見えるように、様々な鮮やかな色の陶器の皿が用意されている。店にもよるが、フグの刺身はポン酢かしょう油につけて食べるのが一般的だ。

フグのから揚げ

鶏肉以外では、この調理法で魚を楽しむのも一般的だ。フグのから揚げは、魚の切り身を漬け込み、小麦粉を混ぜた衣をつけ、薄茶色か黄金色になるまで揚げる。

フグのから揚げは濃厚な味で、外皮はパリパリ、中心は柔らかく、少し歯ごたえがある。スダチ・ライムのくし形切りと塩を添えて食べるのが一般的。

ひれ酒

ひれ酒は、フグのひれ酒である。炭火で焼いたフグのヒレを燗酒に入れる。フグのヒレを炭火で焼いた後、燗酒の中に入れ、蓋をして数分蒸らすと、フグのヒレの焼けた風味が酒に染み込む。

正しく仕込むと、スモーキーで香ばしい味になる。しかし、間違った準備をすると、焦げた風味になることがある。