日本のギャンブル規制と法律

日本では、競馬など一部のギャンブルのみが合法とされ、多くの日本人に古くから楽しまれてきました。また、パチンコやスロットなども法的な位置づけが変化し、現在公営ギャンブルではないものの、ほぼ同じ役割を果たしています。

さらにコロナ禍で一気に人気を博したオンラインカジノも、その法律上での立ち位置が近年話題を呼びました。

そんな日本のギャンブルにおける規制と違法性、そして今後のギャンブルの可能性についてまとめました。

なぜ、ギャンブルは規制されるのか

日本においてギャンブルが規制される理由には、ギャンブルの持つ様々な側面が関与しています。

  • 依存症への懸念

ギャンブルは依存症のリスクがあります。依存症は、金銭的な損失を生み出すだけでなく、精神状態を悪化させたり、人間関係や仕事にも大きな影響を与える可能性があります。規制は、そういった問題を最小限に抑える役割を果たします。

  • 社会的安全性の確保と犯罪防止

ギャンブルは違法行為や詐欺、賭博関連犯罪の温床となる可能性があります。そのため資金洗浄として使われたり、さらなる犯罪行為に繋がることを防ぐ必要があります。規制は、公正なギャンブルの提供と不正行為の予防、犯罪の機会の減少に繋がります。

  • 経済的側面

規制は経済を健全に回すために大きく役立ちます。合法的なギャンブル活動に対する規制は、税収の確保や地域経済の活性に繋がります。また、安全で適切な取引が行われることで、安心して遊びながら、経済への貢献も可能にします。

これらのバランスと地域性などを鑑み、社会全体の福祉を最大化するためにも、ギャンブル規制はなくてはなりません。

そのギャンブル、合法?それとも違法?

日本で耳にするギャンブルは合法でしょうか?それとも違法でしょうか?
それぞれのギャンブルが、法律の下でどのような扱いになっているのか見てみましょう。

 

  • 競馬・競輪・競艇(ボートレース)

合法性:合法

理由:これらの競技は法的に規定されることで、公営ギャンブル競技として運営されています。一定の収益を生み出し、公正で透明性の保たれた賭けができます。

 

  • パチンコ・パチスロ

合法性:合法

理由:パチンコとパチスロは賞品交換を現金以外で行うため、賭博罪には当たりません。ただし、実際は三店方式で換金できるため、ギャンブルとほとんど変わりません。

 

  • 宝くじ

合法性:合法

理由:宝くじは日本国内で販売されており、店頭とオンライン、どちらからの購入も合法です。売上が公益事業収益となり、社会全体にメリットがあります。宝くじ法に基づき規制されています。

 

  • オンラインカジノ

合法性:違法

理由:オンラインカジノに限らず、上記以外の一般的なギャンブルは基本的に違法です。ただし、オンラインカジノはライセンスを取得した海外企業による運営のため、プレイの立証も難しく、未だに違法性に関しての議論が絶えません。

 

  • カジノ

合法性:合法化の動きあり

理由:カジノは日本において合法ではありません。しかし近年、統合型リゾートIR法により、誘致に成功した地域で合法的な運営が可能になりつつあります。大きな経済効果が期待できます。

オンラインカジノの違法性

日本において、警視庁がオンラインカジノは違法とのアナウンスがされました。これは、日本国内からオンラインカジノにアクセスをしてプレイすることが、賭博罪にあたるという見方からです。ただし、オンラインカジノの多くは、ライセンスを取得し海外で運営されています。そのため長らく法的にグレーゾーンと見なされてきた歴史があります。実際に違法性が伝えられてから逮捕されるニュースは流れるものの、起訴されたというニュースは現段階ではありません。オンラインカジノのプレイは法的なリスクもあるため、慎重に今後の業界の動向をチェックする必要があります。

ギャンブルの新たな可能性

ギャンブル特有の金銭的なスリルを味わいたい方がいる一方、純粋にゲームを楽しみたいという方もいることでしょう。そんな方が、違法性を気にせずノーリスクでカジノゲームを楽しむ方法があります。それが、無料カジノサイトのレオファンです。

オンラインカジノと全く同じゲームをプレイできるものの、入出金がありません。その代わりログインで貰えるオリジナルコインで遊ぶことができます。違法性に触れることなく遊べるので、プレイヤーがカジノルールや楽しさを知るきっかけとなります。IR法によるリゾートカジノを後押しする可能性があるので、結果的に日本に経済効果をもたらすことも期待できます。

今後、このようなノーリスクでゲームを楽しめるサイトは、近い将来新たなギャンブルの選択肢となるかもしれません。