子どもとテクノロジー:安全利用のヒント

「テクノロジーの発展に付いていけない!子どもに触れさせるのは怖い。」と嘆く親は多いでしょう。実際は、テクノロジーなしで生活することができないほど人の生活とテクノロジーは密着しています。テクノロジーの良さを理解し、子どもと一緒に安全にテクノロジーを利用できるようにヒントをまとめました。また、iPhoneそして Android スパイアプリとは何か、保護者がそれをどのように使用できるかについても確認してください。

テクノロジーがもたらすメリットとは?

テクノロジーのリスクばかりに目が行きがちですが、テクノロジーには利点が多くあります。利点を知ることで上手く使うアイデアが浮かぶはずです。

教育環境

テクノロジーを子どもの教育に用いることで、教育環境を整えられます。オンラインでのレッスンや、教材、アプリ、アクティビティに触れることが容易になります。情報を入手するのも簡単になり、子どもに合わせて環境をつくることができ、楽しく学ぶことを可能にし、教育に貢献するでしょう。

コミュニケーション

テクノロジーを利用すると、遠くに住む家族や友達とも連絡が取れます。ビデオ通話、ボイスメッセージ等を利用することで大切にしたい人とのつながりを維持します。また、実際の知り合いだけでなく、共通の趣味を持つ仲間とのつながり、国内だけでなく、世界各国の人、また幅広い層とのつながりを作ってくれます。

創造性を刺激

テクノロジーを通し、デザインやゲーム、音楽などに気軽に参加できるようにしているものもあります。それらのアクティビティに触れることで創造性を刺激する可能性があるでしょう。これは、誰もができることをできるようになるというのとは別です。自分だけのオリジナルを磨くという今後を見据えたサポートに利用できます。

スキル向上

テクノロジーだからこそ身につくスキルがあります。情報収集力や視野の広がりを実感できるでしょう。これから必須と言われる力、「デジタルリテラシー」が強くなります。

テクノロジーを安全に使うには?

テクノロジーと毎日のように関わる時代、子どもには上手なテクノロジーの取り入れ方を教えることが重要視されます。安全に利用するためのアイデアを紹介します。

時間を決める

タブレットやスマホ、PCの使用時間を話し合い、設定しておくことは良いアイデアです。使用可能な時間帯、使用できる時間を決め、スクリーンタイムを調整しましょう。

見て良いものを選ぶ

子どもにとって悪影響になるサイトなどは避け、取り入れるものを選びましょう。吸収して良いものを与えるのは重要です。不適切な動画配信や広告などを前もって見えないように設定するのが1番でしょう。

管理ツール

スクリーンタイムの制限や利用可能なものの選択などを簡単にしてくれるツールを利用するのも画期的なアイデアといえます。mSpyアプリのような管理ツールを使うと、子どものテクノロジーの活用、距離感を調整し、見守ることが可能です。

まとめ

テクノロジーは今後さらに広がります。使い方次第で子どもの可能性を高めてくれるでしょう。親がサポートをすることで、否定的にならず、ポジティブに活用できます。学びとの組み合わせや一緒に楽しむために利用し、快適な環境を整えてあげましょう。